全て

【自炊したくない】自炊なしでダイエットする方法と工夫。頑張らない。

 

こんにちは、KUNIBLOG 管理人のクニです。

 

これからダイエットを始めようする方で、

自炊をしたくないという方は多いのではないでしょうか?

また自炊が出来ないからダイエットをあきらめているという方も多いのではないでしょうか?

私は基本的に自炊をしていますが、

たしかにめんどくさい時もありますし、

手抜きで済ませることも多いです。

 

キッチンに立ったこともない人にとって自炊というのはとてもハードルが高いように思えます。

 

本日は自分がもし自炊をしないとしたら、

どのように工夫してダイエットをするかをご紹介いたします。

【自炊したくない】自炊なしでダイエットする方法と工夫。無理しなくていい。

そもそもなぜ自炊はめんどくさいのかを考えました。

・時間がとられる

・レシピを考える

・買い物

・洗い物や片付けがめんどくさい

順に説明していきます。

 

時間がとられる

 

自炊は時間がとられます。

・買い物への移動

・スーパーでの買い物する時間

・家に帰って調理する時間

どれだけ短縮できたとしても1時間はかかってしまうでしょう。

人間の1日の時間で1時間取られると考えるとめんどくさいとなってしまうのは分かります。

コンビニが家から近い人なら10分で買い物終わってしまいますから。

時間は有限。

その有限の時間に自炊の時間をかけるのが勿体ないのでめんどくさいと思う人が多いです。

ある意味合理的とも言えるでしょう。

 

レシピを考える

「何を食べたらいいのか、分からない問題」も自炊をしたくない理由の一つに挙げられます。

いざ食べたいものが決まっても、

レシピを見ると調味料やら材料買うとかなりの金額になってしまって萎えてしまいます。

特に一人暮らしだと、たまにしか自炊をしないなら外食したほうが安く済むパターンもあります。

 

買い物

自炊の一番高いハードルは買い物に行くことだと思います。

移動の時間や買い物時間を想像するだけで疲れてしまいます。

加えて荷物を持ったりする労力。

コンビニや外食でパッと済ませてしまいたくなりますよね。

洗い物や片付けがめんどくさい

 

料理をすれば必ず付きまとう、洗い物と片付け

お腹一杯になって眠くなってるときにこれはかなりめんどくさいです。

食洗器が欲しい。。。

 

 

グラフからも分かるように外食産業が盛んになるほど、自炊する割合が少なくなってきているようです。

引用元:経済産業省(皆さんは自炊と外食、どちらが多いですか?;飲食関連産業指標から分かる内食産業と外食産業の動きの違い)

 

ここまで自炊がなぜめんどくさいのか解説してきましたが、

自炊の良い点もご紹介させていただきます。

 

自炊のメリット

 

・健康的、ダイエットしやすい

・料理が上達する

・長期的に見ると節約できる

 

順番に説明していきます。

 

健康的

 

自分の好きな味付けに出来ますし、余分なものが入っていないので健康的です。

料理も脂っこいものを選ばなかったり、炭水化物を抜いたりなど調節が自由自在にできます。

そのためダイエットしやすいですよね。

 

料理が上達する

 

継続して自炊をしていけば、いつのまにか手際が良くなりどんどん料理が上達します。

前までは一品料理しか作れなかったのに、

料理の合間の隙間時間にもう一品作れるようになったりと、

脳内で効率的な方法を編み出せるように自然と成長していきます。

料理が上達して悪いことはないはずなので、自炊のメリットですね。

 

長期的に考えると外食よりも節約できる

 

先述ではたまにしか自炊しない場合は、外食のほうが安く済むと書きましたが、

自炊の割合のほうが高いのであれば、外食よりも出費は安くなります。

当たり前のことですが、外食には原価+人件費なども含まれておりますので

自分で材料をそろえて作るより割高になるのは当たり前です。

節約をしたくてダイエットをしたい方はぜひ自炊も検討してみてはいかがでしょうか。

買うものも鶏肉や豚肉にすると更に節約できます。

 

それでも自炊なしで節約がしたい人向けの方法

 

・米は自分の家で炊く

 

これも自炊に入るんじゃないの?という突っ込みなしでお願いいたします。

炭水化物を家で用意出来れば、それなりの節約になります。

炊飯器を買って、家で炊きましょう。

スーパーなどのお惣菜をおかずにして食べればそれだけで節約になります。

またお米を炊くのでさえめんどくさい人は、

レンジでチンするたいぷのパックのご飯で代用しましょう。

サトウのご飯がおすすめです。

またダイエット中の人は出来れば玄米ごはんがいいでしょう。

 

 

そのほかに乾麺のパスタは安くておすすめです。

茹でるという工程は出てきてしまいますが、節約にはもってこいです。

 

・安い外食店で食べる

 

当たり前のことですが、節約したいなら安い飲食店に行きましょう。

安めでダイエットをしたい人はやよい軒の鯖塩焼き定食で決まりです。

価格はなんと670円(税込み)です。

+30円でもち麦ごはんにも変更できるのでこちらもダイエットしている方にはおすすめです。

鯖は良質な脂質とタンパク質が同時に摂取できるダイエットにも健康にも最高の食材です。

関連記事:ダイエット中でも外食できるお店20選とおすすめのメニュー紹介

 

・コンビニでダイエット食品を買う。

 

コンビニでも十分ダイエットすることは可能です。

また大体のダイエット商品は安く手に入ります。

 

・サラダチキン
・ゆで卵
・プロテインジュース
・ヨーグルト
・チーズ
・鯖缶
・キムチ

などなど。

この辺を買っておけばOKです。

関連記事:セブンイレブンでダイエット中にオススメ低糖質・低カロリー商品

ちなみに私がよくする手抜きダイエット丼は下記のような感じです。

@kuni_justbodyダイエット継続3週間経ちました。−6kg達成です。みなさんの調子はどうですか?##ダイエット##ダイエットは今日から##明日やろうはバカやろう ##ダイエット食##本気出してみた ##いいね返し ##フォローおねがいします ##バズりたい ##ルーティン ##おすすめにのりたい ##いいね♬ LOOP – SIRUP

まとめ

ここまで読み進めてどうですか?

自炊をしなくてもダイエットも節約もできそうですね。

自炊をめんどくさいと思う理由はたくさんあるので、

どうしてもしたくない場合は

工夫次第でどうにでもなります。

何かご意見ありましたらコメントお願いいたします。

本日もありがとうございました。