全て

【苦しい日々から抜け出す】ダイエット中の便秘の原因と解消方法

悩んでる人:ダイエット中の便秘が辛い・・・原因と解消方法が知りたい!

 

そんなお悩みを解決いたします。

本記事の内容

・便秘の原因

・便秘になるとどうなるのか

・便秘解消方

・便秘解消方法の注意点

 

筆者の情報

・ベストボディジャパン出場経験あり。

・マイナス20kgの減量に成功経験あり

・ダイエット中に便秘に苦しんだこともあり。

 

わたしは過去にベストボディジャパンに出場経験がありますが、

減量中に便秘に苦しんだことがあります。

その時にわたしがやったことなどを経験談も踏まえて解説したいとおもいます。

 

この記事を読めば、あなたの便秘解消の手助けになるはずです。

ぜひ最後までお付き合いいただければ嬉しいです。

 

【苦しい日々から抜け出す】ダイエット中の便秘の原因と解消方法

便秘の原因とは?

 

便秘の原因は主に

・炭水化物不足

・水分不足

・栄養バランスの乱れ

・ストレス

などが考えられます。

 

順に説明していきます

 

・炭水化物不足

 

ダイエット中の方が便秘に陥りやすくなるのは、炭水化物を制限することが多いからです。

 

文字通り、炭水化物には水分が含まれており、その分の水分を補給できなくなることにより便が硬くなりやすくなり、体内に残りやすくなります。

 

・水分不足

 

炭水化物をとっていない上に、水分をとらないとさらに便秘が悪化します。

ダイエット期間中は気持ち多めに水分をとるぐらいがちょうどいいです。

 

・栄養バランスの乱れ

 

バランスの良い食事でダイエットをしないと、どうしても腸内環境は悪化していきます。炭水化物を減らしてる上に、脂質も減らしすぎてたりしませんか?

 

・ストレス

 

過度なストレスを感じると腸内環境にも影響を及ぼします。

 

便秘の種類

 

機能性便秘と器質性便秘の2種類に分かれています。

今回の記事では機能性便秘についてのお話になります。

 

便秘になるとどうなるのか

 

痩せ辛くなる

 

しっかりと排出がされないと、余計な便が溜まってしまい腸の中で悪玉菌が発生します。

有毒物質が身体によくないことは当たり前ですが、ダイエットにも影響があります。

代謝は肝臓でおこなわれますが、肝臓と腸は密接な関係があるため腸の機能が音得ることによって代謝にも影響をおよぼします。

つまり、せっかくダイエットをしていても便秘になると代謝が悪い身体へとなってしまうのです。

 

お腹にハリが出る

 

便秘が続くと、溜まったガスが膨満感(ぼうまんかん)が出ます。

おなかが張って苦しい状態ですね。

腸が弱っていたり、腸の環境が悪いとどうしてもガスが溜まりやすくなります。

 

便秘の解消方法

 

・常温の水か白湯を飲む

 

ダイエット中は水分が身体から不足しがちになります。

出来れば常温の水や白湯を飲んで体内を冷やさないようにすることが良いです。

 

・良質な脂を取る

 

便秘解消には脂質もとても大切です。

ダイエット中は油ものを避けがちで、脂質が不足しやすくなります。

オリーブオイルやMCTオイルを摂取することによって便秘の解消が見込めますのでおすすめです。

 

・食物繊維を食事から取る

 

便秘に良いと言われている食物繊維ですが、2種類あります。

 

・不溶性食物繊維(水に溶けない)

主な食材:大豆、ごぼう、豆類、きのこなど

 

・水溶性食物繊維(水に溶ける)

主な食材:果物、芋類、こんぶ、わかめ

 

食物繊維とは消化酵素では消化されない成分のことです。

消化されないからこそ、便秘解消にも役立ちますが、食べ過ぎると逆に便秘になってしまいます。

体質によっても「合う、合わない」はありますので、

量を調節しながら様子を見ましょう。

・身体を冷やさない

 

当たり前のことですが、身体が冷えると内臓や腸の動きが鈍くなります。

なるべくお腹を冷やさないようにしましょう。

 

・睡眠をとる

睡眠不足はストレスで交感神経が働くため、便秘になりやすくなります。

反対に睡眠の間は、副交感神経が働き腸の動きが活発になるので、睡眠をとることはとても大切です。

イヌリンを摂取する

 

イヌリンとは水溶性食物繊維のことです。

便秘解消や血糖値上昇なども防ぐ非常に優秀な成分になっていますので、

こちらもおすすめです。

詳しくは記事にまとめておりますのでチェックしてみてください。

イヌリンとは?ダイエット効果や難消化性デキストリンとの違いなど解説

まとめ

便秘の原因は主に

・炭水化物不足

・水分不足

・栄養バランスの乱れ

・ストレス

しっかりと食事の知識を身につけて、睡眠をとれば便秘は解消されます。

食物繊維には2種類あって、不溶性と水溶性がある。

体質によって向き不向きがあるので体調をみながら気を付けましょう。