全て

ダイエットにチートデイは効果的?やり方と頻度は?

 

みなさん、こんにちは

リバウンド王子のクニです。

ダイエット開始して、約3週間ほどが過ぎました。

だんだんと痩せていくのが嬉しくもありますが、食欲に負けそうな日もあります。

昨日実際夜に軽く食べてしまいました・・・。

ダイエットを継続していると、そんな日も出てきますね。

たまにはご褒美を・・・と思っている方もいると思います。

 

ちなみにダイエットや筋トレに詳しい人ですと聞いたことがあると思いますが、

そのようなご褒美を“チートデイ”と呼んだりします。

 

今回はチートデイについての記事を書かせていただきます。

 

チートデイのダイエット効果とやり方と頻度についてご紹介します。

 

チートデイとは?

 

チートデイとは、日本語訳すると「騙す日」になります。

ここでいう騙すとは、

ダイエット期間中に停滞している身体を呼び起こすようなイメージからきています。

ダイエット中に省エネモードになってしまった状態をチートデイで、代謝をあげるような目的ですね。

 

効果はあるの?

 

正直なところ、効果については賛否両論があります。

チートデイをしてダイエットを失敗する人もいますし、成功している人もいます。

しかし工夫次第では効果を体感できる可能性が高くなります。

 

この記事では私なりのチートデイの考え方を伝えれればと思います。

 

チートデイのやり方

 

世間一般のイメージでは“なんでも食べていい日”と認識しているのではないでしょうか?

そもそもダイエット期間中に何でも食べていい日を設定するのは初心者にとってかなりリスクが高い行為です。

 

チートデイのリスク

リスク1:チートデイをすることによって体重が一気に戻る

リスク2:モチベーションの低下

リスク3:チートデイが癖になる。

それぞれ順番に説明させていただきます。

 

・チートデイをすることによって体重が一気に戻る

ダイエット初心者で、まだ2週間~1か月ぐらいしか経過していない段階で

好きなものを何でも食べていいチートデイをすると、一気に体重が戻ります。

もちろん何を食べるか、どのぐらい食べるかによって変わりますが、

好きな食べ物を何でも食べていいとなると、ダイエット中に食べることができない

脂っこい料理、お菓子などを皆さん食べるのではないでしょうか?

食べたものが1日で脂肪になり体重が増えるわけではないのですが、

せっかく頑張って落とした体重や体脂肪率が翌日に戻るのはショックですよね。

ダイエット期間が1か月以内の方にはチートデイはおすすめしていません。

 

・ダイエットのモチベーションが下がる

体重が戻ることによってのモチベーションの低下は否めません。

そこから、ダイエットを継続する意志がどんどん弱くなり結果として続かなくなるというパターンは避けたいですね。

 

・チートデイが癖になる。

チートデイをした翌日からダイエットモードに切り替えるのは簡単そうで難しいです。

一度味わったあの満腹の幸福感は、突如誘惑としてやってきます。

 

 

チートデイはやらないほうがいいの?

 

散々チートデイの悪い部分ばかりご紹介しましたが、

私個人としては何でも食べていいチートデイは個人的には避けたほうがいいと思っています。

ただどうしてもたまにはお腹一杯に食べて息抜きをしたいという方はおすすめのやり方があるのでご紹介させていただきます。

 

・脂質をとらないチートデイ

 

三大栄養素の中で一番カロリーが高い脂質を抑えることによって、

チートデイ自体のカロリーを抑える作戦です。

そして脂質をとらないように気を付けて食材を選ぶと、

必然的にジャンクフードやお菓子といったものを食べることは出来なくなります。

この炭水化物を中心に食べることを

別名カーボローディング(炭水化物大量摂取)ともいったりします。

このカーボローディングは、マラソン選手やボディビルダーが試合前に取り入れる手法でもあり、とてもおすすめです。

 

具体的にはどんなものを食べればいいの?

・白米、パスタ、玄米
・和菓子全般(どら焼き、ようかん、まんじゅう)
・コーンフレーク
・脂質の少ないアイス
・はちみつ

上記のような脂質が少ないものを中心にとるといいかもしれません。

 

一食だけチートデイ

 

次にオススメなのが1食だけ好きなものを食べるチートです。

チートデイだと1日中好きなものを食べるということになりますが、

1食だけ好きなものを食べるので、そこまで体重に変化はないです。

また朝や昼などの日中に行うと、なおよいと思います。

 

・チートデイってどのぐらいの頻度でしていいの?

 

多くても3週間から1ヶ月に1回ぐらいの頻度でいいと思います。

ちなみに、チートデイをして体重が戻るには2日から3日ほどかかることは覚悟しておいてください。

自分のダイエットの期日はいつまでなのかを考えつつ、チートデイをするかどうかを決めるべきだと思います。

✅速度早めにすすめたいのであれば、チートデイはしない。

✅速度がゆるやかであれば、たまにチートデイを織り交ぜるのもあり。

こんな感じでOKです。

 

 

チートデイ中はお酒を飲んでもいい?

 

こちらも個人の考え方によると思います。

飲まないほうがもちろんダイエットは進みますが、

ダイエットで大事なことは継続することです。

チートデイの目的としては代謝をあげるのみではなく、精神の回復の効果もあります。

好きなものを食べて、好きなお酒をのんで、また明日からダイエットを頑張れるのであれば、

それはいいのではないでしょうか?

ご自身の性格とダイエットの期限を考え、決めましょう!

 

 

まとめ

チートデイはダイエット初心者にはあまりお勧めできない。

もしする場合は脂質を控えめの炭水化物中心のチートデイで代謝のUPをしましょう。

お酒も飲んで次から頑張れるということであれば、飲んでもよいと思います。

以上となりますが、皆さんのご意見いかがでしょうか。

読んでいただきありがとうございました。