全て

ダイエットの体重の停滞期の原因とその解決策は?

 

こんにちは、管理人のクニです。

ダイエット開始してから3週間-6kg達成いたしました。

ちなみに私は過去ベストボディジャパンに出場経験があり、

その時には-20kg程度の減量に成功しました。

その後リバウンドをしてしまい、再度ダイエットに挑戦している最中です。

今回はダイエットしている人の悩みの一つである”停滞期”についての記事を書かせていただきます。

結論から言いますと、

停滞期はだれにでも来るので気にしなくてOKです。

拍子抜けしましたか?

詳しく説明させていただきます。

なぜ停滞期はやってくるのか?原因は?

 

ダイエットにおける停滞期の原因は、いくつか考えられます。

・人間の防御反応
・筋肉量の低下
・食事量がそもそも合っていない

順番に説明していきます。

人間の防御反応

 

「ホメオスタシス」という恒常性維持機能の働きによって起こります。

なにやら難しい言葉が出てきましたが、要は人間が飢餓状態になったときに

生存するために身体を守ろうとする一種の防衛反応です。

ホメオスタシスが起こると、代謝が抑えられ体重の減少がストップするというような状況になります。

筋肉量の低下

 

ダイエットで減るのは脂肪のみではなく、筋肉も減少してきます。

ボディビルダーのようなレベルの筋トレをしている人は除いて、

ダイエット中に全く筋肉を減らさずというのは難しいでしょう。

筋肉量が低下するということはその分代謝も落ちるので、

体重の減少のスピードも遅くなります。

 

食事量が合っていない

 

そもそも一日の摂取カロリーの設定は合っていますか?

ダイエットの基本は摂取カロリー<消費カロリーです。

一度一日の食事をリストアップしてみて、カロリー計算をしてみましょう。

意外と食べ過ぎていることも考えられます。

関連記事:ダイエット初心者向けのカロリー計算方法【PFCバランス】

停滞期はいつやってくる?

ダイエット開始した1週間2週間は、

すぐに効果も出て体重がみるみる落ちていくことに

喜びを感じる方も多いのではないでしょうか?

しかしそのペースでずっと体重は落ちていくわけではありません。

これすごく大事なことなので覚えておいてください。

ダイエットして1ヶ月も経つと1kgを落とすのに数週間かかるのは普通です。

停滞期と思っている人は大体最初のダイエットボーナス期間のペースがずっと続くと思って勘違いしてしまうんです。

これでやる気をなくしてせっかく頑張った数週間を無駄にしてしまうのです。

 

停滞期の解決策、打破方法は?

 

それでも体重が数週間も変わらないという方は、

停滞期が訪れていると判断して良いです。

私がベストボディジャパンを目指したときも何度か停滞期は訪れました。

そのときにやっていた解決法をご紹介します。

・運動量をあげる

・食事の質を変える

・チートデイをする(条件付き)

✅順に説明いたします。

 

運動量をあげる

 

ダイエット中で体力も気力も奪われている中、

なかなか気持ち的に難しいかもしれませんが、

ここはひとつ運動量をあげて代謝を戻す作業もしてみてはいかがでしょうか?

例えば筋トレをしていないで痩せてた人は、自宅で出来るような筋トレをしてみたり

有酸素運動をしていなかった人は、ウォーキングやランニングを取り入れてみたり。

運動をすることによって脂肪燃焼効果を高める作戦です。

自宅でのトレーニングは

・腕立て伏せ・スクワット・腹筋 などでOK

有酸素運動については詳しく記事を書いているので参考にしてみてください。

有酸素運動で脂肪燃焼。ダイエットに効果的なのか?やり方と時間

食事の質を変える

 

ついつい楽だからといって同じものを食べ続けていたりしませんか?

味覚と同じで身体も慣れていきます。

例えば炭水化物を制限しているダイエットであれば、

脂質を減らして炭水化物量をあげる食事をしてみる。

脂質制限ダイエットをしている人であれば、今度は炭水化物を制限してみて

脂質を多めの食事に変えてみる。など

工夫次第で身体へのアプローチ方法はいくらでもあります。

結構この方法は体重に変化をつけやすい方法なので試してみてください。

チートデイをする(条件付き)

 

チートデイについて知らない方はこちらの記事をどうぞ。

ダイエットにチートデイは効果的?やり方と頻度は?

私は一般的に認識されている何でも食べていいチートデイは否定派です。

体重が減らないところに、更に体重が増えてモチベーションが下がってしまうからです。

ただし条件付きでチートをすることは賛成派です。

条件1 脂質控えめ、炭水化物を大量に食べる

条件2 1食のみ

条件3 朝か昼

上記の3つを守ってチートを停滞期に私はしていました。

特に炭水化物を大量にとると身体から熱が出てるような感覚になり

代謝が上がってる感覚を感じれます。

 

ダイエットの停滞期にやってはいけないことは?NG

・食事を減らしすぎる

先ほど「食事の質を変える」と書いていましたが、

それは食事量を下げることとは別物なのでお気を付けください。

停滞期の度に食事量を減らしていけば、どんどん厳しいダイエットになっていき続きません。

もちろん多少の我慢であれば問題ないですが、食事量を減らすというのは最終手段だと思いましょう。

・ダイエットをやめること

せっかく数週間、数か月とやってきたのにモチベーションが上がってダイエットをやめることはとても勿体ないです。

目標まで頑張りましょう。少し疲れたなと思ったら息抜きで友人や恋人と好きなものを食べに行くのもありだと思います。

ダイエットは継続することがたった一つの攻略法です。

 

まとめ:耐えて工夫してダイエットの停滞期を乗り越えよう

 

・ダイエットで停滞期は必ず訪れるので、気にしないでOK

・最初の落ちる体重のスピードが続くわけではないことを理解する

・数週間体重が変わらないようであれば、運動量をあげる・食事の質を変える・チートデイなど工夫してみる。

・食事量を減らしすぎない、ダイエットを途中でやめないで継続する

停滞期に関する記事は以上となります。

本日もありがとうございました。